スタッフ紹介

高野 有佳

(たかの ゆか)

部署名
企画部
資格
宅地建物取引士
出身大学
大阪大学
住まい
西宮市

休日の過ごし方

旅が好きで、知らない地へあちこち出かけます。国内外問わず、知らない場所に行き、まっさらな気分でいろんなものに出会うことがリフレッシュになっています。時には「旅先で友人と待ち合わせ」なんかもして、至福の時間です。最近では、丸1日でかつての同僚(フィリピン人)の結婚式のため、フィリピンにいってきました☆まさに言葉通りのトンボ帰りでしたが、かつての仲間の花嫁姿を多くの友人と祝えたことはプライスレスでした!
あとワインが好きなので、よく百貨店の売場で試飲して、お気に入りの1本を探したりしています。(因みに、百貨店の催事は水曜スタートのことが多いので、不動産屋勤務(水曜休み)は真っ先に駆けつけられて、お得に感じます 笑)

得意なこと

「人の顔を覚えること」
実は、お名前を覚えるのはあまり得意ではありませんが、対して顔は結構覚えられるようです。おかげさまで最近は仁川周辺に新居を構えるお客様も多くなり、会社の近所のスーパー等でお見かけすることも多くなりました。私は自然と会釈してしまうのですが、営業職でない私を覚えてらっしゃらないのは極めて当たり前。会釈した後、変な人に見られたかな?と毎回心配になるくらいです(笑)次、お目にかかるのはここを読んでくださったお客様だとうれしいな、などと勝手なことを思っています☆
「褒めること」
以前、フィリピンで仕事していた時、スタッフと会話を増やすために日々の小さな変化をとにかく観察し、口にしていたことが習慣になったようです。社内でもよく、男性社員に「今日の新品シャツ、似合ってますね!」などと声かけて、和気あいあいとやっています。

仕事におけるモットー

まず、何事においても自分が面白がって取り組むことです。私の仕事は営業活動と経営判断以外のすべて、つまり総務・経理や簡易な広告の作成はもちろん、財務分野もそうですし、去年からは採用活動にも取り組んでいます。会社が成長すればするほど、携わる分野や手掛ける内容は多岐にわたり、社内で誰も取り組んだことがないことにもどんどんチャレンジしています。そういったときに、やったことないから…といって消極的になるのではなく、「よし、やろう!」と決め、どうせやったらこんなふうにやったらよりよくなるのではないか?と面白がって取り組むことをモットーのひとつにしています。
そして次に、相手に驚きを与え、自分の価値を発揮することです。特に私の非営業部門は直接、代表取締役と打合せして進めることがたくさんありますが、そんなとき、代表取締役の指示待ち社員になるのではなく、「私はこうしたい」「こんなふうにしたらよりよくなるのでは」「この数字に関してはこんな見方をすると会社にこういうメリットがあるのではないか」など、自分の考えをしっかりともったうえで会話をすることを心がけています。つまり、代表取締役が経営判断をするにあたり、経営者の右腕、参謀のような立ち位置を目指しています。

私の思うワンディアールについて

各自の職責は違っても、代表取締役と社員のベクトルが同じであることがワンディアールの最大の強みだと思っています。ほんの数年で会社はどんどん成長し、今後も部署が増えて専門性が多様化すると予想されますが、それでも、この創業者魂とも呼べる社風はいつまでも大切にしたいと思います。私自身、欲張りでおせっかいなので、「こんなこと工夫するので、営業で役立ててください!」「こんな制度つくってみるのはどうですか?」など、気づいたことはどんどん発信しています。そうやってお互いがお互いを刺激し合い、相乗効果を生みながら、会社が大きくなっていくのは大きな楽しみです!

他のスタッフを見る