←事業紹介一覧へ

ご売却

ご売却の種類

売却を不動産仲介会社に依頼する際、
3種類の契約形態があります。
それぞれのメリット・デメリットは?

● 専属専任媒介契約

  1. お客様は1社の不動産会社に売却を依頼することができます。(複数の不動産会社に依頼することはできません)
  2. ご自身で買主様を見つけた場合、直接契約(自己発見取引)を結ぶことはできません。
  3. 不動産会社は媒介契約後5日以内に、指定流通機構「レインズ」にお客様の物件情報を登録します。
  4. 不動産会社はお客様に対して1週間に1度以上の割合で文書または電子メールにて活動報告をおこないます。

● 専任媒介契約

  1. お客様は1社の不動産会社に売却を依頼することができます。(複数の不動産会社に依頼することはできません)
  2. ご自身で買主様を見つけた場合、直接契約(自己発見取引)を結ぶことができます。
  3. 不動産会社は媒介契約後7日以内に、指定流通機構「レインズ」にお客様の物件情報を登録します。
  4. 不動産会社はお客様に対して2週間に1度以上の割合で文書または電子メールにて活動報告をおこないます。

● 一般媒介契約

  1. お客様は複数の不動産会社に売却を依頼することができます。
  2. ご自身で買主様を見つけた場合、直接契約を結ぶことができます。
  3. 不動産会社は、登録することとした場合には、指定流通機構「レインズ」へお客様の物件情報を登録します。
  4. 不動産会社はお客様に対して活動報告の義務はありません。
不動産の無料査定を依頼する