←事業紹介一覧へ

資産運用

オーナーさまの思い入れある
かけがえのない資産を、
まごころ込めて価値あるものに
変えてみせます。

先祖代々の不動産を守りたい、子どもたちに健全な相続を。ひと口に土地活用と言っても、オーナーさまの抱える事情や想いは様々です。私たちは、土地活用の幅広い専門知識を踏まえながら、想いや事情を汲み取り、ご満足いただける答えを一緒に見つけるお手伝いをさせていただきます。収益面においては、地域のニーズやリスク管理、利益性などを総合的に判断し、その土地にもっともふさわしい組み合わせを考えます。
ご相談だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

土地活用例メリットデメリット
アパート経営低投資額で、老後の安定収入や相続税対策に有効です。市場の競争が激しく、空室のリスクがあります。
マンション経営節税対策に効果的で高度な土地活用ができます。長期活用のため、相続分割や納税に不向きな場合もあります。
駐車場経営投資資金が少なく、他事業への転用や売却がスムーズ。固定資産税が居住用の土地に比べ6倍と高くなる。
共同分譲資産価値の高い街づくりができ、開発利益を享受できます。宅地化のための立て替え費用が必要になる場合もあります。
定期借地借り入れ不要、高い節税効果で、保証金も入ります。10年以上の長期活用で、他への転用ができません。
等価交換譲渡税が不要な場合もあり、無借金による経営も可能。建物の減価償却ができず、所得税・住民税負担が高い。
土地売却固定資産税などの税金や管理の手間がなくなります。税金が多額に発生し、高い節税効果を期待できません。
何もしない相続時の納税資金の原資として利用できます。農地の場合は、相続時に売却や物納ができないこともあります。

たとえば、賃貸併用住宅でしたら、実質自己資金0円で建替えができます。

生涯支出の4分の1を占めるといわれる住居費。その負担を軽くするのが「賃貸併用住宅」です。自宅+賃貸住宅で家賃収入を得て、住宅ローン返済に充てるという方法も。例えば相続前は、6人家族だった実家が現在は4人家族。その余った空間を活用していこうというのが賃貸併用住宅の発想です。ご所有の土地に余裕がございませんか? 3階建にすれば? 土地の可能性を最大限に活かす方法はまだまだあるかもしれません。ワンディアールは、「賃貸併用住宅」をご検討のお客様にもベストな解答をご用意します。

増税対策に備えた資産管理をご検討しませんか?

2015年1月1日、相続税の改正が行われました。遺産(土地、家屋、事業、有価証券、預貯金、家庭用財産など)が基礎控除を超える場合は相続税の申告が必要となりますが、相続税制改正などによりその基礎控除の縮小が行われ、課税対象者の増加が見込まれます。また、地価が高いところは土地だけで相続税がかかる可能性もあります。

相続対策や住まいの疑問、お悩みなどございましたらお気軽にお問合せください。

お問合せ